Skip to content

求人媒体を絞り込むことが人材確保には重要

企業が人材を雇用する場合、特に重要になるのが、どういった求人媒体を利用して求人を募集するのかという点です。

というのも、度重なる経済不況や少子高齢化の影響で、企業の雇用形態が多岐にわたっているため、それぞれの雇用形態に合わせた求人媒体人気を集めていますから、会社側はこの傾向を活用する必要があるからです。例えば、中途採用で営業職の正社員を募集するのであれば、中途採用の営業職に特化した求人・転職サイトに求人広告を出します。

当然、こういったサイトを訪問する人は、営業職の中途採用を募集している企業を探していますから、サイトを見ている人の属性は、会社側のニーズと一致しています。

したがって、少ない応募者数であっても、企業のニーズにマッチした求職者に絞り込まれていますので、選考段階においては一定基準を充していることから、高いスキルが期待できます。このように、少ない労働人口の中から、優秀な人材を雇用する場合、応募の段階で企業側のニーズを明確にすることが、その後の選考業務の負担軽減につながります。

また、求人広告の掲載を属性の合った求人媒体に絞り込むことで、コストコントロールにもつながります。ただし、求人媒体を絞り込むためには、予め各部署においで、必要な人材を明確にしておくことが重要であり、また、採用を行なった際にはどういった求人媒体からの応募者が合格しているのか分析して、それ以降の採用管理に活かすことが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です