Skip to content

求人媒体の種類と特徴

会社の規模の大小に関わらず、会社運営やその発展に欠かせないのがマンパワーです。

良い人材が多いほど会社内でも取り引き先との業務はスムーズになりますから、企業として安定していきます。ですので、どのような企業であっても、人材の確保は一般業務とは異なるものの、決しておろそかにできない分野と言えます。

現在において、人材を募集する方法は何らかの広告を出すことが普通です。その場合は単に広告会社に依頼するというよりも、採用したい会社と求職者に間を取り持つ求人媒体を利用するのが効率の良い方法です。求人媒体になる会社や組織にはいくつかの種類があるので、それぞれの特徴を知っておくことも無駄のない採用活動に大切な点です。いつの時代もスタンダードな求人媒体として知られているのが、ハローワークなどの公的な機関です。

公的機関なので、他の方法で求人を行うときのような、掲載料などのコストが必要ないという点が大きなメリットです。求人情報誌やフリーペーパーなどの紙面を中心とした広告は、利用しやすさの点で定評のあるものです。最近の進歩が目覚ましい求人媒体は、インターネットの求人情報サイトになります。

このようなサイトにも種類がありますが、大手では閲覧性の高いウェブサイトを公開しているため、たくさんの求職者の目にとまりやすいのが特徴です。専門のコンサルタントが、積極的に求職者にアプローチする仕組みなども今までになかったものです。このように各機関の特徴と自社の必要を考慮して、依頼先を決めていくことが人材確保につながります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です