Skip to content

欲しい人材によって求人媒体を選択すること

企業が日刊新聞や雑誌に求人を掲載するときは、紙媒体を良く見る人を採用対象に考えているケースが多いです。

昨今のインターネットの普及で、スマートフォンといった携帯端末を持っている割合が非常に高まり、若い人のほとんどは何らかの個人端末を持っている時代になっています。一方で高齢者にとっては急速に発達した情報化社会に取り残された状態にいる人達も多くいます。

携帯端末を所持したとしても、その使用方法を習わないと理解できなかったりするケースも多々あります。そのため所持していても使いこなせていない人もいます。このような高齢者にとっては求人媒体としては紙ベースの方が便利と言えます。昨今の紙媒体の求人で多いのは常時採用を検討している企業の求人や定年退職後の高齢者を対象に正社員ではなくパートやアルバイトとして時給で採用する案件です。

日刊新聞自体、インターネットで見る若者が多くなっている中で、紙ベースのものを取っているのは中高齢者が多く、そのような年齢層を採用したいと考えている場合には紙媒体が最適であると言えます。

情報が日々更新される昨今においてインターネットを利用した求人媒体が一般的ですが、ターゲットにしている人の生活環境を考えると、従来からの紙媒体である方が的確に見てもらえます。インターネットが普及している世の中ですが、欲しい人材によっては求人媒体を選択することが多くの人から応募をもらうための秘訣です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です